スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

映画の中の夏火鉢

(前回のつづき)


「夏炉冬扇」の言葉どおり、夏に火鉢は役立たず、夏には火鉢は片付けてしまうもの、と当然のように思っていましたが。

実際昔の人は夏にいちいち火鉢を片付けていたのか、どうか、と考えてみたところ、ふと、古い映画で夏に火鉢が出てくるのを見たような気がしたので、怪しい記憶力をたよりに、ちょっと探してみました。

あった!


ということで、以下、映画の中の夏火鉢です。



◆隅っこに置いてる編◆

夏の火鉢1
『稲妻』1952年 成瀬巳喜男監督 出演: 高峰秀子 三浦光子 村田知栄子ら

タイトルからもわかるように、夏の物語。
火鉢は部屋の隅に置いてありますが、フタなどせず、鉄瓶などが乗ったままなので恐らくはお湯を沸かしたりするのに、使っているのではないかと、思います。(余計なお世話ですけども、箪笥の引出しが開かなそうなのは気のせいか、いや気のせいじゃない…!)




夏の火鉢4
『喜劇 駅前団地』1961年 久松静児監督 出演:森繁久彌 伴淳三郎 フランキー堺ら

季節がはっきりしませんが、淡島千景が半そでなので多分暖かい季節でしょう。
こちらも壁際に置いてある火鉢。そして薬缶。これも端っこにありながら、たぶんお湯を沸かしたりするのに使われているのではないでしょうか。使うには使うけど、部屋の真ん中に置くと暑くるしいから端っこへ?





◆冬と同じように使っている編◆

夏の火鉢2
『流れる』1956年 成瀬巳喜男監督 出演: 田中絹代 山田五十鈴 高峰秀子ら

芸者置屋「つたの家」の居間。完全に夏ですが、山田五十鈴のお蔦さんが火鉢の前に座り、煙草盆のように使っています。このくらいの大きさの火鉢だと、動かすのも面倒だから年中この位置に置いてあるのでしょうか。当然のように使用中、と見えます。



夏の火鉢3
『喜劇 駅前旅館』1958年 豊田四郎監督 出演:森繁久彌 伴淳三郎 フランキー堺ら

旅館の、お帳場。
これも季節はよく分かりませんが、柊元旅館の主・森川信が半そでなので、暖かい季節でしょう。左下に、火鉢に鉄瓶が乗っているのが見えます。あたりこそしないものの、わりとお部屋のド真ん中付近に配置し、片付ける気配は無い模様。火鉢のデザインが格子状で素敵です。





◆囲炉裏使ってる編◆

夏の火鉢5
『喜劇 駅前温泉』1962年 久松静児監督 出演:森繁久彌 伴淳三郎 フランキー堺ら

こちらは、会津の温泉街。
これも季節不明ですが、半そでの人がわりと出ています。
土地柄、夏でも涼しいのかどうか、そこのところもちょっと分かりませんが、囲炉裏には炭火が熾っていて、旅館の主・森繁久彌が、煙管に火をつけたり、お湯をぶちまけて灰神楽をあげたりしています。




◆片付けてる…!編◆

夏の火鉢6
『喜劇 駅前団地』1961年 久松静児監督 出演:森繁久彌 伴淳三郎 フランキー堺ら

見つけた、片付けてある…!
こちらは逆に、火鉢が片付けられて、廊下の隅に重ねて置かれているところ。右奥の、朱色のが火鉢だと思います。




以上、駅前シリーズが過半数になってしまいまして、映画の中の、というか、もう、アンタどんだけ駅前の火鉢に目を光らせてんのー!という結果になりましたが。


結論。

つまり、夏に火鉢を使っていても別におかしくはない。ということだと思います。

おかしくはないけど暑い、ということだと思います。




さてうちはどうしようかなあ~!




テーマ:歴史 - ジャンル:学問・文化・芸術

2012.06.09 | | 壱階―昭和・映画イラスト

«  | ホーム |  »

プロフィール

寺坂安里

Author:寺坂安里
大正・昭和初期の文化と着物を愛する水彩画家・イラストレーター、寺坂安里と申します。
絵とそれ以外の記事が混在していますので、下のカテゴリをご参照いただけたら幸いです。

本館サイトはこちら↓
『パノラマ茶館二着イタナラ』

パノラマ圖案堂のつぶやき

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。