スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

「装幀画展 15人の作家による文学とアートの出逢い」展

【グループ展のおしらせです】

装幀画展金沢


寺坂安里・装幀画展データ「放浪記」2


寺坂安里・装幀画展データ「放浪記」




こちらは金沢にて。
「装幀画展」に出品させていただきます.。

2017/9/30-10/11
場所:ギャラリーミュゼ
時間:12:00~19:00(定休日 木・金)


「装幀画展 15人の作家による文学とアートの出逢い」展。
それぞれ意中の本を選び、装幀画を想定して(駄洒落じゃないです・・)描きまして、デザインもしまして、原画と装幀の両方を展示します。
コレクターであり、アートソムリエとしてもご活躍されている山本冬彦さんとギャラリーミュゼの益田玲子さんによる企画展です。

私は、林芙美子の「放浪記」を選びました。
ブログでも何度か書いていますが・・、この本はもう100年近くも前に書かれたものですが、今読んでも、どこの頁から読んでも、新鮮で、いま目の前にあるような臨場感で、あっという間に大正時代に連れていかれるような、旅をしているみたいな気持ちになります。ひとつひとつの言葉が、新鮮なまま生きている、という感じで。

なので、いざ絵を描こうとしてみたら、かなり苦戦しました・・。
それでも、どうにかこうにか。
「放浪記」を思い出すとき、芙美子さんはいつも誰かに手紙を出したり、受け取ったり、書いたけれど出せなかったり、それは嬉しい手紙だったり、悲しいしらせだったり――、と、そんな「手紙」の場面が繰り返し思い浮かんだので、そういうイメージで描きました。

今回は自分は会場には行かれず残念なのですが。。他の皆さまのラインナップを見ても、多岐にわたっていて、とても面白そうです。

金沢21世紀美術館のすぐそばとのこと。
お近くへお出かけのことありましたらぜひ、ご高覧いただけたら嬉しいです!




2017.09.19 | | 参階―グループ展

«  | ホーム |  »

プロフィール

寺坂安里

Author:寺坂安里
大正・昭和初期の文化と着物を愛する水彩画家・イラストレーター、寺坂安里と申します。
絵とそれ以外の記事が混在していますので、下のカテゴリをご参照いただけたら幸いです。

本館サイトはこちら↓
『パノラマ茶館二着イタナラ』

パノラマ圖案堂のつぶやき

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。