淺田飴



淺田飴


淺田飴、むかしからとても好きです。
でも、のど飴よりちょっと高価なので、もうほんと、ここ一番というか、のっぴきならない喉事情というか、そんなときに、清水の舞台から飛び降りるつもりで買います。(そんなにか!)
あの、黒光した禍々しい雰囲気の丸薬の中に、なんかもう、どえらい喉に良い何かしらが凝縮している気がします。

というか、美味しいし、
とにかく、美味しいし。

画像は大正時代の淺田飴の広告です。
「たんせきに淺田飴 すき腹にめし」が、なんだか可愛いです。




2016.08.04 | | 四階―大正・昭和初期

«  | ホーム |  »

プロフィール

寺坂安里

Author:寺坂安里
大正・昭和初期の文化と着物を愛する水彩画家・イラストレーター、寺坂安里と申します。
絵とそれ以外の記事が混在していますので、下のカテゴリをご参照いただけたら幸いです。

本館サイトはこちら↓
『パノラマ茶館二着イタナラ』

パノラマ圖案堂のつぶやき

検索フォーム