スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

一銭銅貨

先日、骨董市で熱中して選んだ、戦前の一銭硬貨たち。
一銭銅貨1

今回は大正8年、大正11年、昭和7年、昭和13年(2種)、といった陽気な5人のメンバーをば!




一銭銅貨2
最年少の昭和13年’s は、双子・・

といいますか、三つ子といいますか、この年は3種の硬貨が出されたようです。

青銅の「桐」と、黄銅の「カラス」、それからここには居ないアルミの「カラス」デザイン。

一銭銅貨3
反対側も、違うデザインです。


カラスかわいいなー。





昨日は、いただきもののウールの着物に、
たすき掛け1
たすき掛けで作業しておりました。
夜ともなるともはや着付けはえらいこっちゃですが、気にしない・・!


ウールは暖かくて、絹ほど気を遣わずに動いたりできるのでとても重宝します。
なんならジョギングも出来そうだ~


たすき掛け2
後ろはこんな感じで。



奥は本棚です。なんとなく本は捨てられなくて、だんだん増えてきました。
でもデジタル化したいとはまったく思わないのですよー。うーむ。




2015.11.24 | | 地下壱階―未分類

«  | ホーム |  »

プロフィール

寺坂安里

Author:寺坂安里
大正・昭和初期の文化と着物を愛する水彩画家・イラストレーター、寺坂安里と申します。
絵とそれ以外の記事が混在していますので、下のカテゴリをご参照いただけたら幸いです。

本館サイトはこちら↓
『パノラマ茶館二着イタナラ』

パノラマ圖案堂のつぶやき

検索フォーム


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。