スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.-- | | スポンサー広告

寒中オ見舞イ申シ上ゲマス


お寒うございます。

2017寒中見舞い

訪ねてきた名古屋コーチンと文化人形にお茶をお出しする之圖、でございます。

しかし、まんまとお茶をこぼしております。





ところで。
文化人形に、文化住宅・・・

電氣ブランに電氣館・・・

大正・昭和初期を好きな者としては心躍る単語がいっぱいありますが。

先日期せずして遭遇したのは、此方。

文化カクテル1

嗚呼素晴らしい~。


中味は電氣ブランとトリスウヰスキーのソーダ割(横須賀ハイボール)でした。

なんとも、ときめく飲料でございました。


スポンサーサイト

2017.02.02 | | 八階―オリヂナル水彩畫

あけましておめでとうございます。



いまさらながら、明けましておめでとうございます。
この年末年始は、いつになく慌ただしく過ぎて行った気がしていますが、きっと私がモタモタしていたせいでしょう・・

2017年が電車だったら、かなりの駆け込み乗車で、ドアにはさまりつつ車掌さんに怒られつつ、ようやく乗ったという感じで。。
いやーでもなんとか乗れてよかったー。
と思ったら駅に忘れ物してるー!
みたいな。
しかも反対方向乗っちゃってるー!
2015年来ちゃってるー!
・・みたいなことはさすがに無いかと思いますけれど。





それでも元旦は早起きして、海へ初日の出を見に行きました。
2017年初日の出


昨日は、縁あって両国で「土俵祭り+相撲寄席」の会に参加してきました。
土俵祭り、初めて見ました。
土俵祭り

土俵祭りは初場所前日に「五穀豊穣と15日間の土俵の安全を祈願する」神事で、「土俵の中央に穴を開け、塩、昆布、するめ、勝栗、洗米、かやの実などの縁起物が沈められ」るんだそうで、これも初めて知りました。
なるほど、土俵の真ん中にはそういったものたちが埋まっているんだなあ、と感動。
静かで厳かな雰囲気に、心身の引き締まる思いでした。
もっと若い頃は、静かで厳かな神事の良さはイマイチ分からずただ退屈でしたけれど、今やそういう空気に包まれているのがしみじみと有難く幸せだと思うくらい年をとってきたようでございます。

寄席では相撲甚句という面白い唄を聴きました。これも、初。

両国駅では四十八手の手ぬぐいを衝動買い。これも、初・・!(そりゃそーだろ)
四十八手手ぬぐい



去年は、色々なご縁に助けられて、無事に1年を過ごすことができました。

今年もたくさん絵を描いていきたいと思います。

どうぞよろしくお願いいたします!



2017.01.08 | | 地下壱階―未分類

グループ展のおしらせ



装幀画展vol.4 DM 表

装幀画展vol.4 DM 裏
----------------

「装幀画展Vol.4」@麻布十番パレットギャラリー

◆2016/12/3 ~ 12/11
◆11:00 ~ 19:00
◆(11日17:00迄)

----------------


1点、参加させていただいてます~!

描きたい本を自分で選んで、装幀画を描き、装幀デザインも自分でつくるという企画で、私は、このような絵をば。

パノラマ島奇譚

なんの本を選んだと思いますか。


う、浦島太郎……?

タイやヒラメの舞い踊り……

じゃないんです……!


江戸川乱歩の「パノラマ島奇譚」でございます。

昔から、「パノラマ」という言葉に惹かれていて、サイトとブログのタイトルにも入れています。

今は「パノラマ」というと、見晴らしのいい風景やパノラマ写真のイメージが強いかもしれません。
でももともとはパノラマは、「パノラマ館」という見世物小屋が語源で、日本では明治時代に流行したものなのです。

パノラマ館はまず、細い暗い通路をとおって、それが尽きたところにパッと明るい視界が開けると、360度、見渡す限り別世界の絵が描いてあって、それを中心の台から眺めるという趣向でした。戦争場面が多かったのだとか。

とても人気の見世物だったようです。
が、一度見たらお客さんは飽きてしまう上に絵を描き換えるのがたいへん、、という二重苦に加えて、活動写真が台頭してきたという事情で、だんだん下火になってしまったようです。

それでも街の中に、入れ子になってまったく別の世界が存在しているというのはとても魅力的です。
舞台とも活動写真ともまた違って、ふらっと足を踏み入れたら異世界、というこの危うい感じがなんとも心くすぐられるのです。


「建物の外にも世界がある。建物の中にも世界がある。そして二つの世界が夫々異った土と空と地平線とを持っているのだ。パノラマ館の外には確かに日頃見慣れた市街があった。それがパノラマ館の中では、どの方角を見渡しても影さえなく、満州の平野が遥か地平線の彼方まで続いているのだ。つまり、そこには同一地上に平野と市街の二重の世界がある。少なくともそんな錯覚を起させる」

パノラマ島奇譚の主人公、人見廣介もこんな風に言っています。


ということで「パノラマ島奇譚」を選びました。


中身のお話はパノラマ館ではなくて、M県の或る島に不思議な夢幻のパノラマ世界をつくってしまった罪深い男の物語です・・


2016.12.04 | | 参階―グループ展

昭和の夜の新宿。


昭和10年、夜の新宿。
横丁の屋台。

昭和10年新宿屋台

行きたいなあ。
もし今ここへ行けたなら、手前の屋台で支那ソバをひとつ、注文したい。

幕の内側はいったいどんな風になっているのかな。
この店は流行っていたのかな。
というかライスカレーにやきめしに牛めしにかつ丼にワンタンに支那ソバに・・と豊富な品揃えで見てるだけでお腹の空く文字列・・!
寝る前に見るもんじゃなかった・・

2016.10.27 | | 四階―大正・昭和初期

絵。

お品書きのイラスト<

食べ物の絵と各塔していて、哲也が続きます。←もはや変換もメンドウだ。

ふーん。塔の全部に哲也がいるのか・・ 哲也て誰だ??

じゃなくて!

年末に向けて、有難いことになんだかんだひたすら絵を描き続ける予定になりそうです。

がんばるぞー。

2016.10.26 | | 七階―イラスト・仕事

トップ画像更新。

サイトのトップ画像を変更しました~。

「-パノラマ茶館ニ着イタナラ-」




ファイル名/タイトル





2016.10.04 | | 地下壱階―未分類

「鶏の研究」2016年10月号

木香書房「鶏の研究」10月号-1

10月号では、鶏つくねを描かせていただきました。





木香書房「鶏の研究」10月号-2
↑こちらは、元の絵。




鶏つくね。
とても好きな鶏料理のひとつ。
卵黄は、ぜひ付けたい派。
(ほかにどんな派閥があるか知りませんが…!)





鶏の研究





2016.09.16 | | 七階―イラスト・仕事

「鶏の研究」2016年9月号

鶏の研究2016年9月号-1

9月号は、月見うどんと兎の和菓子を描かせていただきました~



鶏の研究2016年9月号-2
元の絵はコチラ↑


だんだんと陽気も秋めいてきました。
今年の十五夜は、9/15だそうです。(毎年日にちは違うんですね~)





うどん、といって思い出すのは・・!




2016.09.10 | | 七階―イラスト・仕事

「鶏の研究」2016年8月号


鶏の研究2016年8月号-1

8月号の表紙は、エッグ・ベネディクトを描かせていただきました!


鶏の研究2016年8月号-2
元の絵はコチラ↑


「エッグ・ベネディクト」というのは、イングリッシュ・マフィンの上に、カリカリに焼いたベーコンやポーチドエッグを乗せて、卵黄やバター、レモン果汁などでつくったオランデーズ・ソースという濃厚ソースをかけたものだそうで。
な、なんというハイカラな・・!
食べてみたいな~


2016.09.10 | | 七階―イラスト・仕事

シティボーイぢゃないですが。

本屋さんで。

・・ふーん、じゃずとらくご・・・・ジャズと落語・・?! おもしろそう・・!

ポパイ 落語とジャズ

まんまと買いました。


ポパイめ~




2016.08.26 | | 地下壱階―未分類

«  | ホーム |  »


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。